Torre Bellesguard

Exterior Torre Bellesguard

建設年

1900年 – 1909年

住所

Bellesguard, 16 - 20, Barcelona

http://bellesguardgaudi.com/

ガウディがフィゲラス廷を建てた場所は、2000年以上の歴史を持つ土地です。 紀元前のイベリア人の時代からこの地域には常に人が住んでいたことを示す遺跡が見つかっています。この辺りには 豊富な地下水があり、バルセロナの街を360度見渡せるこの地に、通称ベリェスグアルド(素晴らしい眺め)と呼ばれるカサ・フィゲラスがあります。

この地の重要性はその中世の歴史よるものです。1408年ベリェスグアルドは王宮と教皇の家になりました。バルセロナの最後の伯爵マルティン1世(人文王)が2年間住み、月の教皇として知られるベネディクト13世の一時的な住まいにもなりました。

過去の息吹き 

 この最後のカタルーニャ王の邸宅であったという中世の歴史が、ガウディにインスピレーションを与えたのでしょう。ガウディは象徴主義の印でいっぱいのゴシックとモデルニスモの間のような作品を創作しました。その印は、マルティン1世王が晩年を過ごしたベリェスグアルドでの出来事、子孫のない彼の死がもたらしたカタルーニャの不運などを象徴しています。

ジャウマ・フィゲラスの注文でガウディが建てたこの邸宅の見所は、塔だけでなく、中世的な建築物の全体です。 このプロジェクトには、敷地を取り巻く外壁の再建、遺跡となっていた中世の宮殿の修復と整備もありました。さらに回廊の建設は、その後に建造されたグエル公園の柱に囲まれた洗濯女の回廊の実験にもなりました。

Detall rajola Torre Bellesguard
940x643_bellesguard_img_27
940x643_bellesguard_img_17
940x643_bellesguard_img_10

スレート石とその破片 

ベリェスグアルドの塔は、土地の地形や特産を生かした建築物をつくるガウディらしく、

同地域の産物であるスレート石で覆われています。 緑、グレイ、ベージュの色調のあるこの石が、中世の様相を醸し出しているばかりでなく、光により色合いが様々に変わり、

晴れた日と雨の日では、まったく異なる色調を出します。

940x643_bellesguard_img_29
940x643_bellesguard_img_30

ベリェスグアルドを覆うこのスレート壁の肌合い、そしてドアと窓の周りでのスレート石のトレンカディスの使用は、ガウディが、以前の 君主に敬意を表してゴシック様式を思い起こさせる城を造りたいという注文主の欲求に応え、銃眼のある胸壁と宮殿の外壁のラインを壊すために使用した2つのテクニックです

ガウディの革新性 

この作品では、ガウディは「金星」と呼ばれるメインファサードの中央にあるバラの窓(丸いステンドグラス)など、これまでにないユニークな要素を作り出しています。それらは象徴的に、ガウディが歴史を理解していることを示しています。それぞれの扉を対面させ、現在(家)と過去(中世の遺跡)が対話できるようにし、カタルーニャルネッサンスを代表する建築家らしい様式を使用しています。

同時に、ガウディはベリェスグアルドで自らの建築手法を再考察しています。ベリェスグアルドでは、ガウディの初期のころの建築物にあったものの再現、または最もガウディらしい作品が登場する同時期1900年-1910年のすぐ後に、他の作品で構造的、建設的、装飾的なソリューションを大量に見つけることができます。

940x643_bellesguard_img_25

その例としては、強い印象の柱とアーチで造られた準地下室で、グエル公園を彷彿とさせます。また、ガウディらしい尖塔、その頂上には4方向への突起のある十字架があります。ベリェスグアルドではその下に王冠と渦巻きのカタルーニャの文様があり、歴史の遺産をはっきりと示しています。また、サグラダファミリアの中央礼拝室を彷彿とさせる広大な音楽室のロフトもその例の一つです。

940x643_bellesguard_img_21
940x643_bellesguard_img_19
940x643_bellesguard_img_11

壮大な眺め 

テラスの上部に、ガウディは、4つのファサードを巡る廻る道を設計しました。そこからはバルセロナの街全体を見渡せることができ、正に、ベリェスグアルド(素晴らしい眺め)という名前にふさわしい場所です。

ベリェスグアルドは、巨大なドラゴンに護衛された城です。この建築物に、ベリェスグアルドのドラゴンが隠れており、時間と時の変化を見守っています。

940x643_bellesguard_img_12
940x643_bellesguard_img_15
940x643_bellesguard_img_31
940x643_bellesguard_img_28

開館時間

火曜日~日曜日の開館時間:10時~15時

祝日開館

閉館日:1月1日、1月6日、12月25日、12月26日

 

アクセス

市バス: 22番、 58番、 60番、 75番、 123番、 196番

FGC: Pl. de Catalunya – Av. de Tibidabo線.  Av. de Tibidabo駅

 

観光用交通機関

バス・ツーリスティック: 青ルート ティビダボ

バルセロナ・シティー・ツアー:東ルート ティビダボ

青の路面電車: Avinguda Tibidabo. Pl. Doctor Andreu駅下車

 

サービス

オーディオガイド、 WC、飲料の自動販売機、ショップ、観光情報オフィス

オーディオガイドでの訪問: 火曜日~日曜日 6言語: カタルーニャ語、
スペイン語、英語、フランス語、日本語、ロシア語 9 €

ガイドツアーでの訪問: 土曜日と日曜日11時から英語ツアー 土曜日12時からスペイン語ツアー 日曜日12時からカタルーニャ語ツアー

時間外、おやつ付き、その他の言語など特別訪問も手配できます。

子供向け、学校用アクティビティ

イベント組織へのレンタルスペース

インスタグラム・ギャラリー

クッキーの使用。ファーストパーティーおよびサードパーティークッキーを使用して、ウェブサイトの使用に関する匿名の統計情報を取得しています。ブラウジングを続行する場合は、その使用を承諾したものとみなされます。 あなたは設定を変更したり、取得することができます 詳細はこちら.

閉じる