Temple Expiatori de la Sagrada Família

Edifici de la sagrada Família, entre els arbres

建設年

1883 年

住所

Carrer de Mallorca 401 (accés pel carrer Marina). Barcelona

http://www.sagradafamilia.org/

登録

アントニ・ガウディと拡張されたバルセロナの街で最も有名で世界的評判になっている建築遺産というとサグラダファミリア(聖家族贖罪教会)です。この建物の優美さとユニークさは、基本的にはこのアーティストが、元のネオクラシックのプロジェクトを巨大な記念碑的寺院になるに至るまで根本的に変革したところにあります。

サグラダファミリアは驚くべき、控え目、希少で珍しいという全てが同時にあります。空間分布、面白い彫刻装飾、壮大さと厳粛さが作品を本物の石の聖書に仕上げています。次の10年ほどで完成すると期待されている永遠に未完の聖書です。

原点: 1866-1883年

ジョセップ・マリア・ボカベリャによるサン・ホセ信奉者協会設立1866年)がサグラダファミリアとなるものの芽生えだと考えられます。様々な寄付金のおかげで、組織は1874年から贖罪教会の建設をするためマリナ通り、プロベンサ通り、セルデーニャ通り、マジョルカ通りに囲まれた12.800m² の敷地を購入しました。

 

1882年3月19日のサン・ホセの祝日に市の司教ジョセップ・ウルキナオナによって厳粛に最初の石が設置されました。それ以降まずは最初の建築家であるフランシスコ・デ・パラウ・デル・ビリャールのネオゴシック様式のデザインに沿ってアプス下に位置する地下礼拝堂から建設がはじまりました。彼は間もなくプロモーターとの意見の相違のため辞職したため、仕事がガウディの手に渡りました。

940x643_sfamilia_img_9

ガウディがプロジェクトを刷新(1883年-1892年)

プロジェクトを引き受けるとガウディは6年で地下礼拝堂を終え、順調なリズムで寄付金を受付しているためスピードを上げてアプスの建設を始めました。正確には匿名で非常に大口の寄付金を受け取ったためアーティストの計画が変更されました。ネオゴシックの旧プロジェクトを却下し、新しくもっと記念碑的で形も構造も建設が完全に革新的な提案をしたのです。

ガウディの夢のプランはラテン十字の敷地に高い塔をもった巨大な教会。 建築と彫刻の視点からの 重要な象徴的負荷は、福音書や教会の教えの教義的説明の意志から生まれました。

生誕のファザードが道を開く(1892年-1914年)

最初に日の目をみたファザードは生誕のファザードで1982年に開始しました。「もしこの装飾的、華麗な飾りでいっぱいのファザードではなく固く厳しい骨のような受難のファザードから始めていたら人々は撤退していただろう」とガウディ自信が述べています。1894年にはアプスの門が完成し、1899年には生誕のファザードから回廊への入口の一つであるロサリオの間が完成しました。

これらの作品と並行してガウディは寺院の西南の角にサグラダファミリア作業者の子息や地域の子供たちのためサグラダファミリア暫定学校(1909年)を建設しました。次の年、彼の友人でありパトロンであるエウセビ・グエルが推進するガウディ作品の展覧会のため生誕のファザードの模型をパリのグラン・パレで展示。1911年に受難のファザードをデザインしました。

940x643_sfamilia_img_2
940x643_sfamilia_img_10
940x643_sfamilia_img_5

専任的従事  (1914年-1926年)

1914年よりガウディは他の全てのプロジェクトを放棄してサグラダファミリアの建設に専念しました。後年の彼の履歴には重要な仕事が含まれていないことの説明がつきます。彼の関与は凄く、人生最後の数年はアプスの横の空間をスケール模型の作業場、デザイン、彫刻スタジオや写真のテストスペースとして整えたワークショップの隣で寝泊りしていました。

1923年には身廊や屋根の解決策が示されましたが、当時は工事はゆっくりしか進みませんでした。

1925年に生誕のファザードにある、サン・ ベルナベに捧げられた、高さ100mの最初の鐘楼が完成。1926年6月10日その3日前に路面電車に轢かれるという悲劇的事故にあった結果

亡くなったため、それがガウディが建設を完成出来た唯一の鐘楼です。12日にサグラダファミリアの地下のカルマ礼拝堂に葬られ、現在も彼の亡骸はそこに眠っています。ガウディが従事した最後の数年は建築士、ドラフター、彫刻家、モデリスタなどプロジェクトに対応するための大きなグループを抱えていました。

940x643_sfamilia_img_6
940x643_sfamilia_img_4
940x643_sfamilia_img_81

図面の紛失とゆっくりとした回復 

ガウディの死後、密接な協力者であるドメネク・スグラニェスが1938年まで担当しました。

彼の監修下で生誕のファザードの鐘楼が終了し、信仰の門と中央のヒノキが完成しました。

1936年7月に軍が蜂起しスペイン市民戦争が始まり、革命派数名が地下に火をつけ、サグラダファミリア暫定学校を燃やし、ワークショップを破壊しました。その時に図面、デザイン画、オリジナルの写真などが紛失し、石膏のスケール模型の一部が粉砕されてしましました。このような破壊行為にもかかわらず、ガウディが指揮をとってから寺院建設は一度たりとも止まることはなく、いつも建築家の意志が尊重されています。

戦後、焼かれた地下礼拝堂が復元され、建築家フランセスク・デ・パラウ・キンタナのおかげで多くの粉砕された模型が修復されました。それによって最初の計画に従って建設を続けることが可能になりました。この仕事はガウディが行った数多き研究に基づいて1954年受難のファザード建設の基礎が始まっても継続しました。基礎が終了して地下聖堂を建設し、1961年に訪問者に寺院の歴史的、技術的、芸術的、象徴的側面などに関して説明する博物館が設置されました。このファザードの4つの鐘楼塔は1976年に先端まで出来上がりました

940x643_sfamilia_img_3

XXI世紀の推進力 

世紀の初め、サグラダファミリアは新しい次元の進化を遂げています。2000年には中央身廊と翼廊の天井部、そして同時に栄光のファザードの基礎が始まりました。後に受難のファザードの中央窓が完成し、ジョアン・ビラグラウ作の復活に捧げたステンドグラスが設置されました。またクロッシングの4つの柱も完成しました。

これらの進歩の最中、寺院のイデオロギーの姿や仕事の中で特に記憶されるのは2002年で、ガウディ生誕150周年にあたるこの年をバルセロナ市議会がガウディ国際年として推進しました。 .

2008年から2010年の間、儀式のため神聖なる教皇ベネディクトXVI世の訪問を迎える直前にクロッシングとアプスの天井部が完成しました。 

建設完成が地平線の先に 

今後数年に計画されている主な作業は第一聖具室の建設 (西側)と中央塔 の建設に基づいています。栄光のファザードを建てることが全体を仕上げるため最後に必要なことです。   

完成した寺院には周歩廊に囲まれた5つの廊、アプス、北端に7つのチャペル、他のサイドには3つのファザード:生誕のファザード、受難のファザード、正面入口となる栄光のファザードがあります。それぞれ4つのパラボリック形の鐘楼が12使徒を表しており、アプスとクロッシングの上には6つの塔があり、4人の福音書記者と聖母マリア、イエスを象徴しています。ドーム上にあるイエスの塔が一番高く、高さ170メートルです。

940x643_sfamilia_img_7

開館時間

 

11月~2月: 9時~18時

3月~10月: 9時~19時

4月~9月: 9時~20時

1月1日、1月6日、12月25日、12月26日: 9時~14時

礼拝堂開館時間は月曜日~土曜日:9時~10時及び18時~21時

日祝日: 9時~14時及び18時~21時

 

アクセス

市バス: 19番、 33番、 34番、 43番、 44番、 50番、 51番、 B20番、 B24番

地下鉄: L2 / L5 - Sagrada Família駅

 

観光用交通機関

バス・ツーリスティック: 青ルート

バルセロナ・シティー・ツアー: 東ルート(停留所番号11 – サグラダファミリア)

インスタグラム・ギャラリー

クッキーの使用。ファーストパーティーおよびサードパーティークッキーを使用して、ウェブサイトの使用に関する匿名の統計情報を取得しています。ブラウジングを続行する場合は、その使用を承諾したものとみなされます。 あなたは設定を変更したり、取得することができます 詳細はこちら.

閉じる