Portal i tanca Finca Miralles

Vista frontal del Portal i Tanca de la Finca Miralles

建設年

1901年 – 1902年

住所

Passeig de Manuel Girona, 55 - 57, Barcelona

ミラーリェス別邸の門と塀は小さな仕事ですが、ガウディの世界では紛れもない関心事でしょう。大部分が今日まで保存されていて、どんな仕事でも終わることが出来るよう、彼が適用した高いレベルの建築的、様式的解決策を示しています。

ここの場合の注文は、彼の偉大なパトロン、エウセビ・グエルの良き友人である工業者エルメネジルド・ミラレスからのものでした。プロジェクト全体は、サリアに新しく購入した土地に私邸を建設することでした。建物は建築家のドメネク・スグラニェスによって建てられ、ガウディはメインの入口の門と、周辺壁のデザインに専念しました。

940x643_miralles_img_2

波の塀 

全体でもっとも目を引くのがまだ残っている壁の部分のうねりのプロファイルです。壁はモルタルストーン、白い破砕タイルでできており、その上にフィッシングネットの形に似た上部にスパイクが付いた金属メッシュがあります。それが周囲の壁の曲線的なシルエットを強調し、特別なダイナミズムを与えます。

塀は、馬車用と歩行者用の2つのドアが開いている蛇行した弓形のアーチを、元のうねりの形状でつないでいます。両方のアクセスは、両サイドから複雑な方法で構築された2つの大きなひさしで保護されています。金属製のブレースが梁の格子を形成し、亀の甲の形をしたファイバーセメント製タイルを支えています。これらの大きなタイルは日よけとして機能し、アーティストが特別にデザインしました。

工場の実験 

全ての優れた先駆者たちのように、ガウディは実験を楽しんでいましたし、ミラーリェスが所有する会社の工場の機械で理想的なテストベンチを見つけました。例えば彼は工場のプレスを使用して、カサ・ミラなどの作品のいくつかの材料の抵抗計算を行いました。 ガウディはカサ・ビセンスの喫煙室バー・トリノ(グランビアとグラシア通りの角)の装飾など、当時ガウディが通常通使っていたよりも低予算の他のプロジェクトでも工場での協力をしていたと思われます。それにもかかわらず、ガウディは、作品を冠するために優れた鍛造技術の例を2つ使いました。歩行者用のドアのフェンスと典型的な4本のアームの立体十字架ですが、オリジナルはグエル公園内ガウディの家博物館に保存されているので、現在見ることが出来るものはレプリカです。

このプロジェクトのガウディのことばは、コミジャスの鳥の門、バルセロナのシャレー・グラネールの門、現存しないがリナルス・デル・バジェスにあったマテウ邸(ラ・ミランダとして知られる)の塀など彼のあまり知られていない作品にも示されています。

940x643_miralles_img_42
940x643_miralles_img_1

変更と復元 

保管された写真を検証すると彼の協力者スグラニェスが数年後にメインホールの中に2つの支柱と側部グリルを使った普通の2つの扉をなぜ取り付けたのか理解が出来ない。ガウディは歩行者のため、波打つ輪郭の工業用金属ストラップ製の素晴らしい側部扉を残していました。おそらくはまたしてもミラーリェス氏が多額の経費を使えなかったのでしょう。支払う人が注文出来るということですね。

2000年に門が復元され、その機会を利用して彫刻家ジョアキン・カンプスによって作られた等身大で全身のアントニ・ガウディの銅像が設置されました。現在、この塀と門は、60年代終わり頃建設され、市の路面電車の車庫としてある時期使われていたためラス・コチェラス(車庫)と呼ばれる建物のフェンスとして使われています。

940x643_miralles_img_31

開館時間

屋外スペース

アクセス

地下鉄: L3 - Maria Cristina駅

市バス: 6番、 34番、 66番、 130番、V3番、 V7番

 

観光用交通機関

バス・ツーリスティック: 青ルートPalau Reial - Pavellons Güell

バルセロナ・シティー・ツアー: 西ルート  (停留所 Pius XII)

インスタグラム・ギャラリー

クッキーの使用。ファーストパーティーおよびサードパーティークッキーを使用して、ウェブサイトの使用に関する匿名の統計情報を取得しています。ブラウジングを続行する場合は、その使用を承諾したものとみなされます。 あなたは設定を変更したり、取得することができます 詳細はこちら.

閉じる