Casa Batlló

Detall de la façana de la Casa Batlló

建設年

1904年 – 1906年

住所

Passeig de Gràcia, 43, Barcelona

https://www.casabatllo.es

登録

ガウディは、彼の最も重要で有名な建築物を1年半で建てました。 一見した時は新しい建物に見えるかもしれないのですが、バトリョ邸は新しい建物ではなく、既存の建物を改築したものでした。 画期的変化と同時に、今までファザードで見たことがない華麗なる色使いと形は、この建物をすぐに新しいバルセロナのアイコンとして確立しました。

骨の家、マスクの家、妖精の家、ドラゴンの家としてよく知られているこの作品は、建築家の偉大なる建設的成熟期を完全に象徴しています。 それは建築とデザインの間の芸術と機能の理想的な組み合わせを表し、カタルーニャ人のモデルニスモが意味するものを理解する重要な建物です。

不和の林檎 

エミリ・サラ・コルテスは、1877年にグラシア通り43番地に家​​を建てました。20世紀はじめのアシャンプ地区の、この市街地ブロックは、ジョセップ・プッチ・イ・カダファルク(カサ・アマトリェー)とリュイス・ドメネク・イ・ムンタネール(カサ・リェオ- モレラ)など有名建築家の建物が固まっていました。これらの新しい建物は、顧客の間に魅力と生み出し、特別階級の象徴で、このブロックは風刺的な報道陣によって批判されました。 有名な表現「不和のリンゴ(スペイン語でリンゴとブロックとは同じ表記)」は、建築家間、特にファサード間のライバル関係を正確に定義しています。

ガウディはこのブロックに取り組む最後の有名な建築家であり、著名な「隣人」が何をしていたかについての知識を持った上で任務を遂行しなければなりませんでした。 サラによって建てられた建物を、1903年に繊維製造業者ジョセップ・バトリョ・カサノバスが購入し、1年後に建物を完全に改装するためガウディを雇いました。 そしてガウディはまさにソレをしました。 

940x643_batllo_img_1

祝いと伝説のファザード 

カサ・バトリョのファサードは、ファンタジーと色彩豊かなユニークなコンポジションのため、世界中で知られています。 このクロマリズムは、垂直な波紋とともに、クロード・モネによる一連の油絵「睡蓮」と絵画的に比較されました。ファサードの冠がアルレッキーノの帽子に似ており、トレンカディスのモザイクが紙吹雪を思い出させ、バルコニーはカーニバルのマスクのように見えるのだと、カーニバルの要素に関連させる人もいます。しかし、ここで最も言い広く伝えられているのは、サン・ジョルディの伝説で、龍の背の形の屋根、騎士の槍の端に十字架、王女のバルコニーは咲く花の形、他のバルコニーは、1階のドラゴンに食べられ犠牲者の骨だと言われています。

解釈とは別に、この正面ファサードは元の形式的および構造的アイデアの要約であり、それはキノコに似た屋根の幻想的な煙突のように、建物の残りの部分で繰り返されます。後部ファサードには自然と幾何学的な形状に破砕タイルが施されています。ガウディは窓の大きさとセラミッククラッドの色を漸進的に変化させ、インテリア全体の照明を高めました。

ドラゴンの内部に住む 

1階には、高貴な階があり、そこがバトリョ家の元住居です。目立つのは、曲がりくねった形のメインホールで、グラシア通りを見下ろせる光あふれる空間です。ガウディは、天井の興味深い配置と非常に精巧な装飾に特別な注意を払い、様々な空間で光と影で遊び、すべてのパーティションにうねりを与えています。

 

ファサードは石で出来ていて、ギャラリーにはしなやかに蛇行した形の窓がついているのが新しいです。そして柱は、継ぎ目のある骨の形をしています。

940x643_batllo_img_2
940x643_batllo_img_4
940x643_batllo_img_3

屋上テラスの煙突の森 

2つのスパイラル階段で屋根裏部屋から屋上テラスへアクセスできます。テラスには堂々としたグループ煙突があり、ガラス張りカラーの破砕タイルで装飾が施されています。カサ・バトリョの屋根はガウディの芸術の最も壮大な作品の一つです。放物面のアーチのロフトの上に建てられた長方形のスペースで、明り取りパティオのため真ん中で分かれています。前部には水槽が設置された大きな部屋があり、ファサードの最高点と一致しています。この設計により、ガウディは、水道水が必要な快適基準を満たすのに十分なプレッシャーを持っていなかった時代の機能要件に、美的感覚(波状でウロコのあるドラゴンの背中)を与えることに成功しました。屋根の外観がドラゴンの鱗を模しているとすれば、内側で屋上の柵となっているところはカニの殻のようで、色は濃いオレンジから白へグラデーションが使われています。

屋上テラスの4つのグループ煙突は、6.10メートルの高さを持っており、ガラスの断片と多色のトレンカディスで花模様に飾られたモザイクで覆われています。煙突群全体は、グエル邸(1888年)とカサ・ミラ(1910年)の屋上テラスで見ることができる煙突の森の中間です。 煙突の特別なデザインは、空気が吹き戻されるのを防ぎます。

940x643_batllo_img_5

遅れての評価 

建物の工夫と美しさの全会一致の認識はしばらくかかりました。市議会の芸術的建物の毎年のコンテストでは、1906年がドメネク・イ・ムンタネールのカサ・リェオ・イ・モレラで、1907年がボナベントゥーラ・バセゴダ・アミゴが署名したコンタル学院

に与えられ、2度も賞を逃しました。バトリョ邸は

バルセロナ市議会の建築遺産カタログに掲載された1962年

ついにその名誉を授与されました。1969年には、

現在は「重要文化財」と呼ばれるスペイン国家の称号である歴史的芸術記念碑として宣言され、2005年には

ユネスコの世界遺産に登録されました。2006年には、エウロパ・ノストラ・アワードによって与えられた「The Best in Heritage(最高の遺産)」賞を受賞し、完全に民間の財政的努力によって達成されたその完全な回復と遺産の修復が評価されました。

開館時間

月曜日~日曜日9時~21時

 

アクセス

市バス: H10番、 V15番、 7番、 22番、 24番.

地下鉄: L2 / L3 L4 - Passeig de Gràcia駅.

FGC: Provença駅.

RENFE: Passeig de Gràcia駅.

 

観光用交通機関

バス・ツーリスティック: 北ルート、南ルートCasa Batlló – Fundació Antoni Tàpies

バルセロナ・シティー・ツアー: 停留所 3 A、 Passeig de Gràcia-Casa Batlló

バルセロナ・ガイド・ビューロー: ガウディ・ツアー (ガウディ建築3ヶ所を
ガイド付きで訪問するパック)

インスタグラム・ギャラリー

クッキーの使用。ファーストパーティーおよびサードパーティークッキーを使用して、ウェブサイトの使用に関する匿名の統計情報を取得しています。ブラウジングを続行する場合は、その使用を承諾したものとみなされます。 あなたは設定を変更したり、取得することができます 詳細はこちら.

閉じる